読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

霞ヶ関カンツリー倶楽部は、規則を改正する必要はない

時事

ゴルフの霞ヶ関カンツリー倶楽部が、女性を正会員として認めていないことが、

「問題」としてとりあげられている。

 

木村理事長は、昨日の会見で、

そもそもIOCなどから頼まれたから会場を貸すことを了承しただけで、

こちらからいらっしゃい、と言ったわけでもなんでもない、

とおっしゃっていたが、もっともな意見だ。

 

もともとIOCに提出した書類の中で、定款やその細則については

明らかになっており、IOCもそれをふまえたうえで了承しているはず

なのに、

なぜ、いまになってそれを「問題視」するのだろうか。

 

このゴルフクラブは、頼まれたから会場を貸すことを了承しただけで、

ゴルフクラブは頼まれた側、IOCや大会組織委員会は頼む側である。

頼む側の態度がこんなにでかいのは、いったい、どういうわけだろう。

 

木村理事長もおっしゃっているように、ゴルフクラブとしては、

だれもオリンピックをやってください、などとは言っていないのである。

ゴルフクラブの運営方針が、五輪憲章とやらに合致しないのであれば、

合致するようなべつのゴルフクラブで開催するのがスジである。

 

東京都や小池都知事は、これをいい機会に(定款の改正を)、

などと言っているようだが、

ゴルフクラブからすれば、余計なお世話である。

なんらかの理由で定款を改正するようなことがあるとしても、

それは、ゴルフクラブやその会員の自主独立の方針決定によって

なされるべきものであって、

ほかからの圧力によって強要してよいようなものではない。

 

そもそも、オリンピックだからといって、

みながみな、歓迎しているともかぎらないのである。

その国、その団体には、それぞれ固有の方針があるのであって、

たとえ国際団体、国際機関であっても、

かならずそれに優越するわけではない。

 

男女平等の観点から、という意見もあるが、それであれば、

男性限定の存在を問題視するだけではなく、

女性限定の存在をも問題視しなければ、つじつまがあわない。

女性専用車両や、レディースデーなど、

ちまたにあふれる女性限定を、

小池都知事や丸川大臣は、いったい、どうお考えであろうか。