男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

反対だなあ。教育無償化と、こども保険。

政府は、教育無償化を憲法改正の目玉に位置づけるなど、 政策としてすすめようとしている。 また、自民党は、こども保険という名前の制度をもうけて、 幼児教育の無償化などを実現しようとしているようだ。 自分は、そのいずれにも、反対だ。 教育無償化とい…

豊田真由子議員に関する、矢沢永吉氏のおかしな発言。

秘書に対する暴言、暴行の疑惑がもちあがっている 豊田真由子議員の事件に関して、 ミュージシャンの矢沢永吉氏が、 「大の男がこそこそと録音なんかしないで、正々堂々と告発すべき」 などと言っている。 しかし、この発言には同意できない。 男性が偉大で…

劉暁波氏、コール元首相の死去に思う。

中国の民主活動家、劉暁波氏が亡くなった。 先ごろには、ドイツのコール元首相も亡くなった。 劉暁波氏が民主化運動の前面に登場したのは、 1989年の、のちの天安門事件につながる、中国での民主化運動 のときのことだった。 コール元首相が歴史にその名…

世界史でみる、北東鬼門方位の脅威。

風水というのは中国が発祥だが、 日本にも方位学というのは存在する。 移動するときの方位や、家を建築する際の方位などを、 それでみるわけだ。 日本の方位学において、とくに恐れられている方位に、 北東の鬼門方位というのがある。 どうせただの迷信だろ…

おっさんと、おばはん。

おっさんという言葉があれば、おばはんという言葉もある。 普通のことだ。当然のことだ。 考えてみれば、わかりそうなことだ。 おじさんには、おばさん。この2つは、対応している。 おじちゃんには、おばちゃん。この2つも対応している。 ならば、おっさん…

冷房の設定温度を下げると、快適だ。

人間が生きていく上では、食べ物を食べる。 食べ物を食べなければ、人間は死んでしまうだろう。 その食べ物にかんしては、 空腹を満たすだけならば、極端な話、 麦飯のおにぎりに漬物だけの食事を続けたとしても、 べつにかまわないわけだ。 でも、たいてい…

新聞の勧誘は、いらない。

マンションに住んでいると、たまに、 玄関のインターホンが鳴る時がある。 お客さんがよく来る家であれば別だろうが、 自分の家は、まずお客さんなど来ない家なのだ。 インターホンが鳴るのは、たいてい、招かれざる客が来た時である。 つまり、新聞の勧誘で…

愚かな車いすが事故。

ショッピングセンターの「エスカレーター」を車いすで移動していた高齢夫婦。 のぼりきったところで、車いすが後ろ向きに転落し、 巻き添えで、べつの高齢の女性が死亡。 news.yahoo.co.jp エレベーターならまだしも、車いすでエスカレーターって、 気は確か…

スタンダール「赤と黒」。

スタンダールの小説に、「赤と黒」という作品がある。 古典文学の一つだ。 この作品についてウィキペディアで調べると、 どうして「赤と黒」という作品名になったかについて、 いろいろな説があげられている。 が、ここでは、自分で独自に考えてみることにし…

人の声を通さない耳栓。

人の声を遮断してくれる耳栓、ないものだろうか? 市販の耳栓をみていると、よく、 「ノイズを遮断しますが、人の話し声は通します(どやっ」 と書かれているものを目にする。 いやいや、人の話し声こそ、いちばん遮断してほしいものなんだけどな。 なんでな…

【歯科】ブラッシング指導や歯石取りは、いらない。

世の中には、無用なサービスというのが、けっこうある。 それが純粋なサービス、奉仕であればまだいいのだが、 じつは、その無用なサービスがついているために、 お金を余分に取られる、ということも少なくないのだ。 歯医者に行った時も、そうだろう。 歯医…

彼女いらない、という男性の本音??

「彼女いらない、という男性の本音」などというサイトを見かけることがある。 あれって、どういうコンセプトなんだろう? 彼女いらない、って男性が言ってんなら、 素直に考えれば、その男性はたぶん、彼女がいらないんだろう。 それ以上でもそれ以下でもな…

東洋占術と、数え年の計算法。

数え年、というのを、聞いたことがあるだろうか。 おじいちゃん、おばあちゃんなど、古い世代のひとは、昔は、 よく数え年で年齢を数えたりしていた。 42歳は男の大厄、などといわれたりするが、 この厄年の計算法も、数え年で数えた年齢を基準としている…

相手が年下男性のほうが、妊娠、出産しやすい?

女性の年齢が同じである場合、 相手の男性が同年代、あるいは年下であるほうが、 相手の男性が年上であるよりも女性は妊娠しやすい、 という調査結果がでたそうだ。 headlines.yahoo.co.jp でも、思うのは、 これって逆のパターンもあるのではないか?という…

自分にとって敵なのか、味方なのかーその3。

このやり方を使えば、まだ自分が実際に会っていないような相手でも、 そのひとが自分にいい影響をあたえる人なのか、 それとも、よくない影響をあたえる人なのか、という予測がつく。 これから交際をはじめようかな、恋愛関係になろうかな、 と思っているよ…

どこがかゆいのか、わからないかゆみ。

体がかゆいときがある。 どこがかゆいのか、わかっていれば、 そこをかけばすむ。 ところが、不思議なことに、どこがかゆいのかいっこうにわからない かゆみというのが、たまにある。 そういうときは、経験上、次の場所がじつはかゆかった、 ということが多…

豊田真由子議員の傷害事件。

豊田真由子議員が車内で秘書に罵声をあびせただけでなく、 暴力をふるってけがを負わせたとされる事件で、 秘書は警察に被害届をだし、警察は、 その被害届を受理したうえで、豊田議員から事情をきくなどして、 捜査をすすめる方針だそうだ。 徹底して捜査を…

自分にとって敵なのか、味方なのかーその2。

自分にとって敵であるのか、味方であるのか、 それを知りたい相手の生年月日と時間がわかったら、 といっても、正確な時間まではわからなくても、ある程度までは ホロスコープはつくれるのだけれど、 それがわかったら、ホロスコープをだしてみる。 そうする…

ブログは、のんびりやっていこうと思う。

これまでこのブログは、基本的には1日1回くらいのペースで更新してきた。 自分で自分の中に、そんな決まり事を作ってきたような感がある。 でも、そんな決まり事をつくっても、 自分自身には、なにもいいことはない。 むしろ、それが強迫観念のようになっ…

女性を大切にしよう、か。

女性を大切にしましょう、とか、女性を尊重しましょう、 などといわれることがある。 そのこと自体には、自分は、別に反対はしない。 単純に考えても、たとえば、体力の面で女性は男性よりも不利な立場に あるので、 そういった肉体面での不利を抱える女性を…

自分にとって敵なのか、味方なのかーその1。

ある人物や、ある団体、あるいは、ある現象といったものまで、 それらがはたして、 自分にとって、敵になるのだろうか。 それとも、味方になるのだろうか。 あるいは、自分の運命とどのように関係しているのだろうか。 自分は、そういうことを考える人間だ。…

【都議選】都民ファーストの会圧勝を受けて。

今回の都議選では、都民ファーストの会が圧勝した。 と同時に、都議会自民党は、過去最低議席となる23議席に沈み、 歴史的な大敗を喫した。 自民党は、安保法案を成立させたり、共謀罪法案を成立させたり、 国民の権利を制限することを内容とする憲法改正…

女性が本当に悪なのだろうか。

このブログでは、理不尽な男性差別に対して、憤りをあらわすような 記事も多く書いている。 たとえば、マスコミなどの表現におおく登場する、 「男 女性」表現の問題。 あるいは、コンビニのトイレにおける、 女性トイレと男女共用トイレしかない問題など。 …

信用ならない「国産」米。

だいぶ前のことになるが、政府が、 国産米とタイ米をまぜて、ブレンド米として販売しようとしたことがあった。 米不足だったときかもしれない。 詳しい事情はおぼえていない。 そのとき、国民からは、おおきな反発の声があがった。 質の高い国産米と、質の低…

自分の浮気は棚に上げてのキチガイババア。

交際男性に消毒液をかけて火だるまにした容疑で逮捕された、 斧裕子容疑者。 headlines.yahoo.co.jp その後の調べで、犯行直前に薬局2店に立ち寄ってエタノールを購入しており、 犯行の計画性がクローズアップされている。 また、男性が自分でタバコに火を…

消費税のメッセージ。

消費税というのは、あきらかに、 消費に悪影響をもたらしているのではないか。 消費税が8%にアップされる直前、駆け込み需要というのが発生した。 みんなが、あわてて家電製品や車などを購入したのだ。 これは要するに、8%という高い消費税率のもとでは…

浮気女の消毒も大事。

男性が浮気をしたことに腹をたて、男性に消毒液をかけたことで 男性が火だるまになったという事件で、女を逮捕。 headlines.yahoo.co.jp これに対してヤフーコメントでは、 浮気なら仕方がない、という意見が多いが、それをいうなら、 同様の浮気を女がした…

タカタの経営破綻と、状況の変化。

自動車のエアバッグ製造大手のタカタが経営破綻したと、報じられている。 タカタという会社のマークは、こんなかんじだ。↓ このマークをみればわかるように、タカタという会社のマークは、 右上の部分に欠けがある。 そして、マークの色は、赤だ。 このマー…

小林麻央さんの死に思うーその3。

自分はこのブログの中で、しばしば、生の原理と理の原理について 考えている。 生とは、他者を犠牲にし、他者を犠牲にすることを通じて、 この自分が生きる、という原理。 理とは、自分とは異なる他者が存在するということを認める、という原理。 芥川龍之介…

小林麻央さんの死に思うーその2。

小林麻央さんの死に関しては、いろいろなひとが、いろいろなことを 言っている。 34歳という、あまりにも早すぎる死ということが、 ひとびとにいろんなことを感じさせるようだ。 新歌舞伎座になってから、歌舞伎界には、不運なことが続いている。 その歌舞…

小林麻央さんの死に思うーその1。

小林麻央さんが亡くなられた。34歳だった。 テレビなどでは、多くの人が悲しんでいる、と報じられている。 小林麻央さんのブログにも、たくさんのコメントが寄せられているそうだ。 自分は、小林麻央さんという人を、あまりよく知らない。 もともと、あん…

映画館のレディースデー。

商業施設では、しばしば、女性優遇的なサービスが設定されることがある。 映画館のレディースデーというのも、そのひとつだ。 メンズデーを同時に設けているのなら、べつに女性優遇的ではないのだが、 レディースデーのみ設けている映画館も、めずらしくはな…

クソババアの転落。

女だてらに上昇志向のクソババアが墓穴を掘って本当にスッキリ。 このまま地獄の底から出てくんな。

違和感おぼえる「おとう飯」ーその2。

第二に、この記事の中では、日本の男性の家事への貢献が少ない ことを例証するために、アメリカやドイツ、スウェーデンといった例を あげているのだが、 なぜ、そういった国ばかりあげるのだろう。 世界には、欧米先進国だけが存在するわけではない。 世界2…

人間と快楽。

自分の考える人生の勝利者とは、 人生を、全体を通してみたときに、自分にあたえた快楽の総和 を最大にできた人間、 だと思う。 人生を全体を通してみたときに快楽の総和を最大化する、というのは、 けっこう慎重さを要する作業だ。 目の前に可愛い女の子が…

違和感おぼえる「おとう飯」ーその1。

内閣府男女共同参画局という、税金を無駄に使って意味のない「仕事」をする 妙な役所が、「おとう飯」という妙なキャンペーンを張っているとか。 なんでも、家庭において夫が家事に参画するのを増やそうとする試みの ようなのだが、 男性からも女性からも非…

医療過疎問題の隠れた原因とは。

医療過疎の問題がとりあげられることがある。 地方の過疎地域において、医師や病院が不足して、 地域医療の存続におおきな懸念が発生しているという、あれである。 地域自治体などでは、2000万円くらいの年俸を用意するなどして 医師の獲得にやっきにな…

60代のひきこもりが増えている、という記事。

60代のひきこもりが増えている、と、ヤフーニュースの記事。 headlines.yahoo.co.jp それに対するヤフーコメントでは、 手をさしのべたくはない、とか、 朽ち果てるならしかたない、とか、 勝手にのたれ死んでください、とか、そういったコメントが多いが…

概数でつける家計簿。

いろんなことを始めてみても、長続きしない、ということは、よくある。 代表的なところでは、語学の勉強とか、ダイエットとかは、 挫折しやすいものの典型だ。 身近なところでは、日記をつけたりだとか、家計簿をつけたりだとかも、 継続するのはやさしくは…

浮気が罪深いのは、男も女も同じ。

夫が浮気をしていたことを思い出し、夫の下半身をはさみで傷つけたとして、 77歳の妻が逮捕されたそうな。 headlines.yahoo.co.jp このニュースに対してヤフコメでは、 浮気はやられたほうは何年たっても忘れない、それほど浮気は罪深い、 といったコメン…

メリットで結婚するものではない、とは言うけれど。

非婚化が進行している、などといわれる。 最新の調査によると、生涯未婚率は男性でおよそ4分の1にもなり、 過去最高を記録した。 非婚化の原因には、さまざまある。 内閣府男女共同参画局というけったいな役所のサイトには、 非婚化すすめる結婚損得論、な…

男はロマン、女は不満。

男はロマン、女は不満、という言葉がある。 たぶん、昔からある言葉なんだろう。 ところが最近、ネットでこの言葉をしらべてみると、 男のロマン、女は不満、という、よく似てはいるが異なる言葉が ヒットするのを目にする。 男のロマン、女は不満、だと、 …

イギリスは呪われている?

イギリスは呪われているのだろうか。 そんな疑問を感じざるをえないくらい、ここ最近のイギリスでは、 不吉な事件があいついでいる。 news.yahoo.co.jp こちらは、つい最近あった、イギリスのロンドンでのタワーマンション 炎上事件。 火は、どういうわけか…

消費離れの隠れた原因。

消費離れということがいわれる。 ひとびとが節約志向になって、お金を使わなくなり、 個人消費が伸びない、と。 そんなふうに説明されることが多い。 たしかに、将来の年金がもらえるかどうかということも不確かな状況では、 お金はできるだけ使わずにとって…

ブログへのコメント。

このブログにも、ごくまれにコメントがつくことがある。 しかし、過去についた合計4件のコメントは、すべて削除した。 というのも、そのコメントはいずれも、 コメントの中に誹謗中傷や罵詈雑言を内容とする文言がはいっていたり、 反対意見のみであったか…

新しいことをスタートしないほうがいい時期。

西洋占星術での現在のホロスコープをみると、 太陽と土星がだいたいオポジションになっている。 新規のことのスタートに、星の応援が得られない配置。 今月末くらいまでは、 新しいことをスタートさせないほうがいいでしょう。

ブスや年増に優しくすると、権力を握ることがある。

フランスでマクロン氏の率いる新党が、圧倒的な勝利をおさめそうだと 報道されている。 マクロン氏は、自分の年齢に比べると、非常に年齢の高い妻をめとっている。 それはあたかも、息子と母のような年齢差だ。 しかし、そのような妻をめとってからというも…

結婚運が悪いひとは。

結婚運が悪いひと、というのがいる。 なかなか良縁にめぐまれなかったり、あるいは、結婚生活が順調に いっていなかったりすると、 結婚運がわるくて、なんて言ってしまうこともあるだろう。 占いや占星術、運命学においては、 たしかに結婚運が悪い、という…

熱中症予防には、冷房をかけよう。

環境省が、熱中症対策のホームページを設けている。 そのなかで、熱中症予防の方法として、 日陰を利用したり、水分を補給したりすることは書かれているものの、 例によって、というべきか、 冷房を利用しましょう、とは、やはり、絶対に言わない。 なんで、…

1円玉は、拾わないほうがいい。

1円玉が道に落ちていたら、皆さんは、拾うだろうか。 1円玉でも大切なお金、1円を笑うものは1円に泣く、なんて思って 拾う人もいるだろう。 1円玉を拾うなんて馬鹿らしい、と思って、拾わない人もいるだろう。 書店に行けば、自己啓発の本が並べられて…