この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

金銭的に得をした思い出。

他人が金銭的に得をしていたり、儲けていたりすると、 うらやましいなあ、と思う。 それは、自然な人情なのかもしれない。 インターネットの発達で、多くの人が、 儲けるチャンスを手にするようになった。 Youtubeに動画をあげて、多数の視聴者がつき、かせ…

【北朝鮮情勢】核ミサイルと、デスノート。

ここに、2人の男性がいるとする。 1人は、会社を複数経営していて、とても裕福だ。 土地や株などの資産も豊かに保有していて、いろいろな人脈もある。 豪邸に住んでいて、美人の奥さんと、かわいい子供たちもおり、 家族にもめぐまれている。 友人、知人も多…

【北朝鮮情勢】グアムの価値。

米国と北朝鮮が、本気で全面戦争をすれば、 間違いなく、米国が勝つ。 それは、疑いようもないことだ。 トランプ大統領は、東アジアで戦争が起こったとしても、 米国本土にはなんの影響もない、 死ぬのは東アジアの人間だ、なんて考えているふしがある。 そ…

【北朝鮮情勢】イラク戦争の時との、違い。

2003年、米国は、イラクに対してイラク戦争を仕掛け、 短期間で勝利した。 今回、北朝鮮に対して、同様の軍事的オプションを選択することで、 短期間で同じような成果をあげることができるだろうか。 自分は、疑問に思う。 イラク戦争当時とは、さまざま…

【北朝鮮情勢】矛が勝つのか、盾が勝つのか。

矛盾という故事がある。 どんな盾でも防ぐことができない矛と、 どんな矛をも防いでしまう盾、 その2つは両立することができない、というのが、 その故事の結論だった。 一般的に、戦いにおいては、 攻撃するときに矛を、防御するときに盾を、それぞれ使う…

【北朝鮮情勢】北朝鮮と日本の、対照的な歩み。

第二次世界大戦後、北朝鮮と日本の両国は、それぞれ、 非常に対照的な国家運営をおこなってきた。 北朝鮮は、先軍政治。軍事をなによりも重視する政策である。 そのために、ミサイル開発、核開発もおこなってきたし、 国民の生活が後回しにされたために、 貧…

宇宙預金を増やす行為と、減らす行為。

【宇宙預金を増やす行為】 不運な目に遭う。 不幸な目に遭う。 理不尽な目に遭う。 他人を助ける。 いじめに遭う。 大病をする。 孤独に苦しむ。 家庭不和に苦しむ。 貧乏に苦しむ。 小さいころから家が貧しくて、欲しいおもちゃなどを、 なかなか買ってもら…

宇宙預金をひきだすには。

とても重要なことなのだけれど、 宇宙預金は、引き出すには、その前提として、 十分に預け入れていなければいけない。 これまでの人生で、 他人に比べて、とても不幸なこと、不運なことが多かったひととか、 他人のため、世の中のために、 たとえば寄付をす…

東日本大震災で10億円寄付した、柳井正さん。

ユニクロの柳井正さんは、東日本大震災が起きたときに、 復興のために10億円寄付した、といわれている。 すごいね。なかなかできないことだね。 そういった感想を持たれる方も、多いのではないだろうか。 しかし、寄付した額の大小を考える際には、 自分の…

宇宙預金をひきだそう。

子供のころに、こんな経験をしたひとも多いのではないだろうか。 お正月にお年玉を親戚の人からもらったときとかに、 両親が、 貯金しておいてあげるから、とかなんとか言って、 子供である自分には自由に使わせてくれなかった、という、あの経験だ。 それと…

自分の書いたブログを読み返す効用。

自分の書いたブログを、たまに読み返すことがある。 すると、なんだか落ち着く。 文章が、自分のこころにすーっと入ってくる。 あたりまえだ。 そこに書かれているのは、自分の考えそのものなんだから。

どのようなひとが、寄付すればいいのか。

ウィキペディアをみていると、ウィキペディアへの 寄付をお願いする文言が画面上にあらわれることが、たまにある。 寄付について、考えてみた。 自然災害が起こったときとか、あるいは、 世界の恵まれない人々のために、とか、 いろいろな名目で、寄付が呼び…

ほんとうに幸せな結婚とは。

ほんとうに幸せな結婚というのは、どういうものなんだろう。 結婚に否定的な感情しか持っていない自分が考えてみた。 女性が、すごく美人だったとする。 すると、その女性は、自分に近づいてくる男なんて、 みな、カラダ目当てなんだわ、なんて考えるかもし…

【北朝鮮情勢】ロシアと中国の本音。

北朝鮮情勢が緊迫化してきた。 これについても、その都度、短く記事にしていきたい。 6回目の核実験を強行した北朝鮮。 国連安保理は、追加の制裁をおこなうかどうかでもめている。 米国は、厳しい制裁を科したい。 しかし、ロシアや中国は慎重だ。 ロシア…

バリ島邦人夫婦殺害、暗剣殺の影響か。

バリ島で、現地在住の高齢の邦人夫婦が殺害される事件が起きた。 headlines.yahoo.co.jp 記事によると、この夫婦は、1年前に日本から移住したのだという。 バリ島というのは、日本から見て、南西の方角にある。 そして、1年前の2016年という年は、 九…

ストレスを感じたときに見る動画。

インターネットの発達で、日常は様変わりした。 いまでは、テレビなんか見なくても、Youtubeで、 好きな時に好きな動画を見ることができる。 動画は、気分を変えるのに有効な手段だ。 ストレスを感じるようなことがあっても、 動画を見ているとスッキリした…

【西洋占星術】進行の月と、10室。

西洋占星術のお話を。 進行の月、あるいは、プログレスの月が、 自分のネイタルチャートの10室、あるいは、10ハウスを通過する ときは、 人生全般において絶好調となる幸運期をむかえる、といわれている。 ただ、ここで注意しなければいけないのは、 進…

地球が寒冷化するならば、歓迎したい。

地球が寒冷化するだろう、という説を唱えている科学者が、 少なからず存在する。 「ミニ氷河期」「地球 寒冷化」といったワードで検索すると、 関連する事柄がヒットするだろう。 われわれが二酸化炭素を多く排出するために地球は温暖化しており、 それが深…

麻生氏とヒトラー発言。

麻生大臣の発言が、ヒトラーを擁護しているなどとして、 物議を醸しているそうだ。 こういう時に大切なのは、 冷静にその発言を分析してみる、という姿勢だ。 失言だ、失言だ、と決めてかかるのも、 なんら問題ない発言だ、と決めてかかるのも、 どちらも、…

気になる表現。

最近の日本において、 気になる言葉づかい、表現をいくつか。 「全然オッケー」という表現。 「走ったり歩く」という表現。 「~じゃないですかあ。」という表現。 レジでの会計の際などの、「よろしかったでしょうか?」という表現。 「関係性」という表現…

とんかつの松乃家、値上げか。

きょう、近くの松乃家へ行ったら、おそろしいことが起こっていた。 いつも食べる、大好きな「唐揚げ定食」。 それが、630円に値上がりしていたのだ。 いったい、どうなってるんだ。 いままでは、600円だったはずだぞ。 釈然としない思いをかかえて、出…

ブログの更新頻度について。

ブログ主は今後、日常が多忙になる見込みのため、 このブログの更新頻度は、1週間に1度程度になるかもしれません。 生暖かく見守ってやってください。

可能性と境界線 3

ずいぶん以前に書いた記事の、可能性と境界線シリーズ、 その第3弾を書いてみようと思う。 ベン図上に、整数全体の集合を全体集合としてとる。 そして、そのなかに、2の倍数である部分集合と、 3の倍数である部分集合を描いてみる。 そうすると、2つの部…

9-8。

甲子園というところは、ときに、 ひとびとをあっといわせる逆転劇をみせてくれる。 きょうの、神村学園VS明豊の試合も、そんな試合だった。 神村学園は、12回の裏、3点をリードし、しかも、 ツーアウトまできていた。 ところが、そこから怒涛の逆転劇で、…

トランプ大統領の発言を支持する。

アメリカで、 南北戦争時代に活躍した、南軍司令官たちの像を撤去することに反対した 白人至上主義者たちが、 像撤去に反対する抗議集会を開こうとし、 この抗議集会に反対した、反差別主義者とのあいだで小競り合いとなって、 死傷者がでた事件に関連して、…

復活する、冷戦時代の亡霊たち。

状況を分析するときには、 時代のおおきな流れを把握する、洞察することが、とても大切になる。 では、現在の状況とは、どのようなものなのだろうか。 自分が思うに、それは、 過去30年間ほど続いてきた時代の流れが、 おおきな転換点をむかえていることだ…

ミャンマーの高齢化と貧困。

ヤフーニュースから。 ミャンマーでは、貧困に加えて、高齢化の問題が重くのしかかっており、 うば捨ての事例も見られるという。 headlines.yahoo.co.jp このことから得られる教訓は何か? それは、「家族といえども、あてにならないこともある」ということ…

【四柱推命】外格のひとが成功するには。

四柱推命には、内格、外格の区別がある。 日本で市販されている四柱推命の本には、 通変星のみを論じて、内格、外格の区別をしないものもあるが、 妥当ではない。 四柱推命では、内格であれば、 バランスをとることが吉になる。 それに対して、外格であれば…

電車でスマホをするひとが多いのは、なぜなのか。

電車に乗っていると、猫も杓子もスマホをいじっている光景に よく出くわす。 以前だと、スポーツ新聞を読んでいたり、マンガ雑誌を読んでいたり、 小説を読んでいたり、IPODで音楽を聴いていたり、 と、いろんなひとがいたものだが、 いまはみんな、スマホだ…

公表する勇気。

アメリカの俳優のチャーリーシーンは、 自分がHIV陽性であることを公表した。 アップルのティムクックCEOは、 自分がゲイであることを公表した。 2人の公表を、同列に論じることはできないかもしれないが、 有名人が、一般的にはマイナスにとらえられがちな…