男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

人生論、生活の知恵

人間と快楽。

自分の考える人生の勝利者とは、 人生を、全体を通してみたときに、自分にあたえた快楽の総和 を最大にできた人間、 だと思う。 人生を全体を通してみたときに快楽の総和を最大化する、というのは、 けっこう慎重さを要する作業だ。 目の前に可愛い女の子が…

概数でつける家計簿。

いろんなことを始めてみても、長続きしない、ということは、よくある。 代表的なところでは、語学の勉強とか、ダイエットとかは、 挫折しやすいものの典型だ。 身近なところでは、日記をつけたりだとか、家計簿をつけたりだとかも、 継続するのはやさしくは…

ブスや年増に優しくすると、権力を握ることがある。

フランスでマクロン氏の率いる新党が、圧倒的な勝利をおさめそうだと 報道されている。 マクロン氏は、自分の年齢に比べると、非常に年齢の高い妻をめとっている。 それはあたかも、息子と母のような年齢差だ。 しかし、そのような妻をめとってからというも…

熱中症予防には、冷房をかけよう。

環境省が、熱中症対策のホームページを設けている。 そのなかで、熱中症予防の方法として、 日陰を利用したり、水分を補給したりすることは書かれているものの、 例によって、というべきか、 冷房を利用しましょう、とは、やはり、絶対に言わない。 なんで、…

1円玉は、拾わないほうがいい。

1円玉が道に落ちていたら、皆さんは、拾うだろうか。 1円玉でも大切なお金、1円を笑うものは1円に泣く、なんて思って 拾う人もいるだろう。 1円玉を拾うなんて馬鹿らしい、と思って、拾わない人もいるだろう。 書店に行けば、自己啓発の本が並べられて…

いじめで相手を自殺に追い込んだやつは。

最近も、いじめ自殺のことがニュースになっていた。 教育委員会のひとや、学校の関係者などが、 対応が不適切だった、などと言って謝罪する例をみかける。 でも、ほんとうにいちばん悪いのは、 いじめた張本人である生徒たちだ。 たとえ、こいつらが多数であ…

シンプルなダイエットー4。

ダイエットの基本は、食事制限だ。 運動もしなければ筋肉が落ちるから、かえってリバウンドしやすい、 なんてことを言うひともいるが、 たぶん、そんなことはない。 ホリエモンは一時期、塀の中に入っていたが、 出てきたときにすごく痩せていたことで話題に…

そもそもの原因を作ったやつが、いちばん悪い。

つぎのような事例をかんがえてみよう。 AがBの頭をこづいた。 それに対して、BがAの頭をこづいた。 それに対して、AがBのほっぺたをひっぱたいた。 それに対して、BがAの顔を殴った。 それに対して、AがBの腹を殴った。 それに対して、BがAの腰を蹴った。 そ…

イエスマンをあつめること。

イエスマンばかりを周囲に集めるような経営者がいる会社は、 発展することがない、などといわれることがある。 これには一理ある。 適切な判断を下していくためには、いろんな意見が必要だ。 たとえ、自分の意に沿わないような意見であったとしても、 会社の…

場合分け。

なにから手をつけてよいかわからないような問題、 雲をつかむような問題、 そういった、人生上、生活上の問題を目の前にしたときには、 まずは場合分けをしてみる、というのは、 ひとつの有効な方法だろうと思う。 場合分けをし、場合分けをした先でさらに場…

芸能人の名前を思い出せない。

芸能人の名前を思い出せないことがある。 以前の自分だったら、 誰だったっけなあ、と、えんえんと考え続けていた。 が、いまは、 速攻でネットでしらべる。 だけでなく、 ノートに、名前を思い出せなかった芸能人、 というかたちで、一覧にして記録している…

シンプルなダイエットー3。

シンプルなダイエットに関連して、 ほかに思いつくことを書いてみよう。 ダイエットは、基本的には、食事をへらすことをメインにした ほうがいい。 ダイエットでは、運動と食事制限が2本柱として強調されることが 多いが、 運動によって消費カロリーを減ら…

シンプルなダイエットー2。

シンプルなダイエットに関連して、ほかに思いつくことを あげてみよう。 いま流行りのライザップはどうだろうか。 CMをみていると、ほんの短期間に、ぶよぶよだった体が、 引き締まった筋肉質の体に変化した、 というような芸能人が登場する。 これに関して…

シンプルなダイエット-1。

記事のタイトルは「シンプルなダイエット。」だが、 アプリのシンプルダイエットとは、なんの関係もない。 ダイエットは、シンプルにやろう、という趣旨の記事だ。 いろいろな物事は、継続してやらないと、 成果があらわれてこないことが多い。 そして、継続…

ゆずり「あう」ことが大切。

人と人とのつきあいのなかでは、 ゆずりあいが大切だ、なんて言われることがある。 社会がうまく、円滑にまわっていくためにも、 ゆずりあいは、大切なものだろう。 そのゆずりあいに関して大事なことは、 「おたがいにゆずりあう」ということだ。 誰かが誰…

夫婦は所詮他人なら。

夫婦は所詮他人、なんて言われることがある。 でも、他人なのは、なにも夫婦だけではあるまい。 自分の出産に立ち会ってくれたお医者さんも他人なら、 幼稚園の先生も他人、 幼稚園の同級生も他人、 小学校の先生も他人、 小学校の同級生も他人、 中学校の先…

ブームの去った断捨離。

断捨離、というのが、かつてブームになった。 簡単にいえば、ものをどんどん捨てましょう、という運動である。 関連書籍もたくさん出版され、 メディアにもおおくとりあげられた。 そして現在。 断捨離のブームは、過ぎ去った感がある。 断捨離は、ものをど…

【論語】40歳50歳になっても頭角をあらわさないならば。

孔子の言行録といわれる書物に、論語がある。 その論語の中で孔子は、 「40歳、50歳になっても頭角をあらわしたり、 いい評判がきこえてきたりしないようならば、 そのような人物はおそれるにたりない」 と、きびしくこきおろしている。 が、これを現代…