この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

この世界の不思議

人間の男性には、なぜ、ヒゲが生えるのだろうか。

こんにちわ。天機です。 (この記事 約2500字) きょうは、この世界の不思議について考える一環として、 人間のからだについて考えてみようと思います。 人間の男性は、大人になってくると、口のまわりにヒゲが生えます。 これはいったい、どうしてなん…

西日本豪雨と、米中貿易戦争に思う。

こんにちわ。天機です。 ひさびさの更新になります。 (この記事 約2500字) 最近も、いろいろとニュースが多いですね。 国内でいえば、西日本の記録的な豪雨によって、おおきな被害が発生しています。 海外に目を転じてみると、 アメリカのトランプ政権…

時代の変わり目と、「瑞兆」?

こんにちわ。天機です。 (この記事 約3100字) 天機は、この世界の不思議、というテーマで、 森羅万象の背後に隠れた原理について考えるのが好きですが、 そのいっぽうで、 昔から、精神世界のことや、オカルトの話にも興味があります。 じつは、ここ数…

この世界はどのようにしてできたのかーその2

こんばんわ。天機です。 (この記事 約1400字) さて、前回の記事のつづきです。 ※ 繰り返しになりますが、このシリーズの記事は、このブログの作者である 天機の空想であって、現代科学により得られた理論や知見との親和性はありません。 前回は、この…

この世界はどのようにしてできたのかーその1

こんにちわ。天機です。 (この記事 約1800字) 今回から、数回にわたって、不定期に、 この世界はどのようにして生成してきたのか? ということについて、 自分が考えたことを書いていこうと思います。 なんといっても、このブログの主眼は、 「この世…

天国と地獄と長い箸、のお話に感じる、違和感。

こんにちわ。天機です。 (今回の記事 約3400字) ネットで、「天国 地獄 長い箸」で検索すると、 だいたい、つぎのような内容のお話がヒットすることがあります。 あるひとが、天国と地獄の様子を見てみました。 天国と地獄には、共通の決まりごとがあ…

「逃」げると「挑」むは、似た漢字だ。

こんにちわ。天機です。 きょうは、漢字のお話をしてみようと思います。 (この記事の字数 約2000字) 「逃」げるという漢字と、「挑」むという漢字は、 両方とも、「兆」という文字がはいっていて、 部首だけが、「しんにょう」と「てへん」で違っています…

好きか、嫌いか? その3

こんにちわ。天機です。 きょうは、「好きか、嫌いか?」という記事のシリーズの、 つづきを書いてみたいと思います。 (この記事の字数 約9000字) 前回に、このシリーズの記事の第2弾を書いてから、 ずいぶんと時間がたってしまいました。 過去記事は、こ…

上善は水の如し?

こんにちわ。天機です。 きょうは、中国の古典作品にかんして、自分の思ったことを 述べてみたい、と思います。 (この記事の字数 約900字) 老子、という中国の古典作品には、 「上善は水の如し(じょうぜんはみずのごとし)」という言葉がでてきます。 日…

神と、悪魔と、人間と。

こんにちわ。天機です。 もし、なんでも願い事がかなうとしたら。 そのときに、 他者の幸せだけを願う存在が神だとするのならば、 自分の幸せだけを願う存在は、さしずめ、悪魔ということになるのかもしれません。 では、もし自分が、なんでも願い事をかなえ…

飲食の楽しみと、セックスの楽しみ。

こんにちわ。天機です。 きょうは、この世界の不思議、に関する記事になります。 (この記事の字数 約1000字) さて、食欲と性欲といえば、人間の二大欲求といってもいいかと思います。 天機は、この二大欲求というのは、 たがいに反対方向へとはたらく欲求…

破瓜(はか)の出血の赤と、夕焼けの赤。

こんにちわ。天機です。 きょうは、「この世界の不思議」系のお話です。 世界の隠れた原理について、考えていきたいと思います。 (この記事の字数 約3200字) 目次 プロローグ 世界の生成の順番 生命という原理の誕生の、前と後、そして、2種類のまじわり …

とても小さくて、かすかなもの。

こんにちわ。天機です。 (この記事の字数 約600字) この世界には、 とても小さくて、小さくて、 細くて、細くて、 かすかで、かすかで、 あるのかないのかすら、わからないようななにか、 というものがあると思います。 はたして、それは、存在するのでし…

樹木の分岐構造と、外理と内理。

こんにちわ。天機です。 きょうは、樹木のかたちを見ていて、天機が思ったことを書いてみようと 思います。 目次 科学の特徴と、自分が目指す知恵のかたち 理のかたち、って、なんなんだろう? 植物の分類図にあらわれた、樹形図のようなかたち 樹形図のよう…

過去、現在、未来と、人間の体。

こんにちわ。天機です。 きょうは、過去、現在、未来について、考えてみましょう。 1日の流れ、というのは、 まず、夜明け前の真っ暗な闇の黒があって、 つぎに、日が昇ってくると、太陽の光の白があって、 最後に、夕方になると、夕焼けの赤があらわれます…

人、魚、鳥の、移動のしかた。

こんにちわ。天機です。 天機は、日々、いろんなことをぼけーっと考えています。 天機が考えるのは、「あたりまえのこと」が多いです。 誰もが知っているようなあたりまえのことについて、 「その背後にはどんな原理がかくれているのだろう?」 と、深読みし…

人間の表情。

こんにちわ。天機です。 きょうは、人間の表情について考えてみたいと思います。 人間って、いろんな表情をしますよね。 笑ったり、泣いたり、怒ったり。 天機は、その表情には、なんらかの規則性がないだろうか? と考えてみました。 そして、天機は、ある…

【新春特大号】理とは何か? 理と時間の関係。

あけましておめでとうございます。 本年も、天機のブログ「この世界の不思議」を、 どうぞよろしくおねがいします。 こんばんわ。天機です。 自分は、ブログに書くネタに困ることは、あまりありません。 自分のブログは、基本的に、自分の頭の中で考えた思考…

「アリとキリギリス」のお話の教訓。

こんにちわ。天機です。 きょうは、イソップの寓話にある、「アリとキリギリス」というお話の、 教訓について考えてみたいと思います。 アリとキリギリス、というお話については、 ご存知のかたも多いと思います。 お話の概要は、以下のような感じです。 あ…

人体方位8-火の性質。

ずいぶんと、間が空いてしまいましたが、 ひさしぶりに、人体方位についての記事を書いてみたいと思います。 きょうは、「火の性質」についてです。 これまで、人体方位1から人体方位7までの記事を書いてきましたが、 そのなかで明らかになったことのひと…

好きか、嫌いか? 総合

好きか、嫌いか? という記事のシリーズについての、まとめリンク集です。(随時更新) 好きか、嫌いか? その1 - この世界の不思議 好きか、嫌いか? その2 - この世界の不思議 好きか、嫌いか? その3 - この世界の不思議

【人体】2つある器官と、1つしかない器官。 総合

人体には、2つある器官と、1つしかない器官があります。 どうして、そういった違いがうまれるのだろう。 2つある器官相互の間に、あるいは、1つしかない器官相互の間に、 それぞれ、なにか、2つであること、1つであることを、 統一的に説明できるよう…

人体方位 総合

こんにちわ。天機です。 最近は、あたらしく記事を書くのと並行して、 これまでの記事の整理をおこなっています。 きょうは、「人体方位」についての記事です。 この記事は、 「人間のからだの中にも、方位、というのが隠れているんじゃないか?」 という、…

メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 総合

メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか、 というシリーズの記事の、まとめリンク集です。 メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 1 - この世界の不思議 メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 2 - この世界の不思議 メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 3…

メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 4

メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか、 というシリーズも、いよいよ最終記事となった。 それでは、考察をすすめてみよう。 過去記事は、こちらから↓ メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 1 - この世界の不思議 メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 2 -…

メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 3

ずいぶん以前の記事になるけれど、 メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか、 というシリーズの記事の、つづきを書いてみようと思う。 過去記事は、こちらから↓ メデューサの髪は、なぜ蛇だったのか。 1 - この世界の不思議 メデューサの髪は、なぜ蛇だったの…

善悪まんじゅう。

こんにちわ。天機です。 きょうは、「この世界の不思議」カテゴリの、記事を書いてみようと思います。 日本には、いろんな和菓子がありますね。 そのなかに、「大福」と「おはぎ」というのがあります。 大福、というのは、外側は白いおもちです。 が、内側に…

火球の増加。

こんにちわ。天機です。 きょうは、火球について書こうと思います。 火球が増加しているのではないか、ということについては、以前も、 このブログで記事にしたことがあります。 reasongomainstream.hatenablog.com つい先日も、日本の広い範囲で火球が目撃…

好きか、嫌いか? その2

こんにちわ。天機です。 きょうは、好きか、嫌いか、についての考察記事の、 つづきを書いていこうと思います。 恋愛。商業。民主主義のもとでの政治。芸能界。 こういった世界においては、好きか、嫌いか、という原理が、 非常に大きな力をもっている、とい…

好きか、嫌いか? その1

こんにちわ。天機です。 きょうは、「好きか、嫌いか?」について、考えてみたいと思います。 日常生活でも、ネットの世界でも、たまに、 「そういうこと言ってると、モテないよ?」 という発言を、見たり聞いたりすることがあります。 ぼくは、この発言に、…