この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

【千葉少女殺害】 ベトナム人家族を襲った暗剣殺の悲劇。

千葉県でベトナム人の少女が殺害された事件で警察は、

PTA会長の男を逮捕した。

少女のご冥福をあらためてお祈りしたい。

 

少女の家族は、父も母もふくめて、全員がベトナム人だ。

少女に日本でよい教育を受けさせたいと、

少女が2歳のときに日本に移住した。

 

ベトナムから見て日本は、北東の方位にある。

正距方位図法の地図をインターネットでみれば、確認できる。

少女はいま現在9歳だから、日本に移住した2歳の時というのは、

いまから7年前の2010年にあたる。

この年、北東の方位には暗剣殺、南西の方位には五黄殺がめぐっていた。

暗剣殺というのは、暗闇から剣で突かれるように、

突発的な凶事が発生する方位とされている。

 

方位に関する運命学に関しては、自分も半信半疑なところがあるが、

ときどき、このように符合する例が発生するから、あなどれない。

緊迫する朝鮮半島情勢。

朝鮮半島情勢が緊迫してきた。

話し合いと協調によって、物事がすべて解決するのならば

言うことはないのだが、

この世の中では、それではすまないこともままある。

 

自分の望むようなかたちで問題を解決したいと思うならば、

十分に考え、シミュレーションしなければならない。

ただし、考えた結果は、かならずしも慎重な選択になる

とはかぎらない。

 

トランプ大統領は、前任のオバマ大統領とはずいぶん違うかたちで、

アジア地域に関与しようとしている。

端的に言えば、非常に男らしい、それに尽きる。

かりに、地域の平和と安定のために、

恒久的に不安要素を取り除くことに成功したならば、

それはとても歓迎すべきことだ。

問題は、どれだけ成算があるのか。

 

そして、いうまでもないことだが、

朝鮮半島情勢が緊迫の度を増せば増すほど、

株価に対しては相当の下押し圧力が働いてくることになるだろう。

【教育勅語】一身を「皇国」などのために捧げる気はない。

教育勅語が問題になっている。

政府関係者は答弁で、教育勅語を教育現場で使用することも、かならずしも

否定されるものではない、との見解をしめした。

 

教育勅語の内容の中には、親を尊重せよ、とか、兄弟仲良く、とか、

みんなの役に立つことをして世界をリードしよう、

といったような、かならずしも否定できないような、

道徳的な内容もふくまれている。

 

が、それだけならいいのだが、教育勅語には、

いったん国家の非常事態が発生したならば、

身命を賭して国家と天皇のために尽くせ、という文言が入っていて、

これこそが教育勅語の核となっている。

 

かつての大戦の悲惨な経験を忘れてしまったのだろうか。

身命を賭して国家と天皇のために尽くすことを強要したからこそ、

悲劇的な玉砕や神風特攻といった悲劇が多発したのだろう。

こういったことは、第二次大戦の敗戦国は日本のほかにもあったけれども、

日本以外では見られなかった悲劇だ。

国家のために国民が存在するのではない。

国家のためならば国民はぼろ雑巾のように使い捨てられてよいもの

ではないのだ。

国民あってこその国家だろう。

国民がかわいそうだとは思わないのか。

日本を支えてくれる大切な国民に、そういった犠牲を強いた当時の

政府関係者は、きびしく批判されなければいけない。

 

国家は国民のものである。

日本のこれまでの歴史も、名もなき市井のひとびとが営々と

積み重ねてきたものだ。

それを忘れてはいけない。

2003年ごろからブレイクした人たち。

時流を読むのは、たいせつなことだ。

これからなにが発展し、なにが没落していくのか。

世の中はどういう方向に向かうのか。

そういったことがわかれば、自分の立ち位置を決めることもできる。

 

時流をよむには、いろんな方法がある。

そして、いろんなひとが独自の方法で時流をよんでいる。

 

自分は、新聞やテレビ、ネットで報道された内容を、

気になったものについてノートにメモしている。

そうして、しばらくメモをつづけていると、

なにかしらの傾向のようなものが見えてくることがある。

 

今回は、2003年ごろからブレイクしたひとたち。

 

2003年ごろに非常に栄えていたもの、あるいは、

2003年ごろをスタートとしてブレイクし始めたものが、

2016年、2017年といった、ここ数年で、

あいついで転機をむかえつつある、という現象だ。

 

もしかしたら、2003年ごろから運命の追い風を受けてきたような

ひとやものが、ここ数年になって、逆風を受けるようになってきたのかも

しれない。

 

逆もまた真なり。

2003年ごろから逆風を受けてきたようなひとやものが、

ここ数年になって、運命の追い風を受けるようになってきたのかも

しれない。

 

例をあげてみる。

 

2004年ごろから活動を開始したファンキーモンキーベイビーズ

の加藤に、不倫の報道。

 

2003年から2005年にかけて大活躍した当時のソフトバンク松中に

どの球団からも声がかからず引退。

 

2004年アテネ五輪でアーチェリー中年の星と騒がれた山本博が不調。

 

おなじく2004年アテネ五輪で金メダルを獲得した、

ラソン野口みずきハンマー投げの室伏、水泳の北島が引退。

 

2003年活動開始の小林麻央乳がん

 

同年に活動開始の小林麻耶にも影響。

 

2003年活動開始の女優、水原希子にバッシング。

 

2003年にエリザベスホームズが米国で創業したセラノス、

その検査技術に疑義があると報道。

 

2002年に理事長になった北の湖親方が死去。

 

2003年に発足した小柴昌俊科学財団が解散。

 

2004年から政界の表舞台にでた韓国のパククネ元大統領が逮捕。

 

2005年から活躍し始めたサッカーの本田圭佑選手が不調。

 

2002年から日本代表だったなでしこの丸山桂里奈選手が引退。

 

2003年に発足したICC国際刑事裁判所が、初の加盟国減少。

 

2004年にスタートした古館氏のもとでの報道ステーションが終了。

 

2002年から活躍したフィギュアスケート浅田真央選手が不調。

 

2003年スタートの、明石家さんまとキムタクの正月番組

「さんタク」終了。

 

2003年から業績拡大が続いていたアップルが、初の減益。

 

2002年に生まれた香川県の警察犬「きな子」が死去。

 

2004年創刊のフリーマガジン「R25」が休刊。

 

2003年に新装オープンした三越千葉店が閉店。

 

2003年から全日本代表となった女子バレーの木村沙織が引退。

 

2003年から芸能活動開始の堀北真希が引退。

 

2003年10月にコンビでの活動を開始したお笑い芸人のピースが、

コンビでの活動を休止。

 

2003年ごろから発売を開始したマクドナルドのクォーターパウンダー

が販売終了。

 

2003年1月を最後にいなくなっていた日本出身横綱が復活。

 

2003年に文化勲章を受けた詩人の大岡信さんが死去。

 

2003年設立の美容脱毛を手掛けるグロワール・ブリエ東京が

破産。

 

2004年設立のゴルフスタジアムに、ウェブサイト制作と広告料

をめぐって会員とのあいだに問題発生。

 

2003年に最大のヒット曲「世界に1つだけの花」をリリース

したSMAPが解散。

 

2001年から2003年までレコード大賞3連覇した浜崎あゆみ

が不調。

 

2004年にシーズン最多安打記録262本をたたきだしたイチロー

が不調。

 

2002年ごろから活躍を始めた浅田真央が引退。

 

2005年前後からメディアに取り上げられはじめ、そのころから

入場者数を増やし始めた北海道の旭山動物園の入場者が、

ピーク時のおよそ半分の150万人割れ。

 

2003年から2006年まで民間放送連盟会長をつとめた

フジテレビの日枝会長が退任。

 

2002年ごろから活躍をはじめた俳優の中村獅童に、

初期の肺腺癌が見つかる。

 

2003年にプロデビューをした女子プロゴルフの宮里藍が引退。

 

2003年から活動開始の俳優、小出恵介が、週刊誌において

17歳の女子高校生との飲酒、不適切な関係を報じられ、

無期限活動休止に。

 

2003年にプロデビューした男子テニスのノバク・ジョコビッチが、

新興宗教にはまっていることを伝えられ、テニスも不調に。

 

2003年活動開始で、乳がんで闘病中だった小林麻央が、死去。

 

2004年から2007年くらいにかけて、「マツイ棒」を使った

お掃除術で一世を風靡した松居一代が、

ブログに妙な内容を記すようになる。

 

2002年から競技生活をおくってきた陸上男子のウサインボルトが引退。

 

2005年ごろから活動を開始した、アメリカの女性ミュージシャン、

レディーガガが、活動休止を発表。

 

2003年から国際司法裁判所の判事をつとめてきた、皇太子妃雅子様の父親の

小和田氏が退任へ。

 

2003年と2004年にMLBでオールスターにも選出された元投手のロアイザ氏

が、薬物所持容疑で逮捕。

 

2003年から芸能活動をつづけてきたグラビアアイドルの原幹恵が休業へ。

 

男の子のなりたい職業が、2003年以来15年ぶりに、学者、博士に。

 

2003年に阪神を優勝にみちびいた星野仙一氏が死去。

 

2003年8月結成のお笑いコンビ「カナリア」解散へ。

 

2002年から現職の京都府の山田知事が、次回は出馬せずと。

 

2003年から現職の北海道の高橋知事が、次回は出馬せずと。

 

2003年から実権をにぎっていたサーカシビリ氏が逮捕。

 

2003年のドラフトでダイエーから指名を受けて入団した、元プロ野球

選手の竹岡和宏容疑者が、暴行容疑で逮捕。

 

2002年にアマ女王となった女流棋士里見香奈が、勝ち越しができないこと

が確定し、奨励会を退会へ。

 

2005年に上場した、中古バイク買い取り専門チェーンの「バイク王」が、

業績悪化。

 

2004年ごろから全国の鉄道事業者で急速に普及が進んだ女性専用車両に、

反発が生じる。

 

2005年から在任の、ドイツのメルケル首相の指導力にかげり。

 

2004年ごろから「緑モス」の展開をすすめていたモスバーガーが、

業績悪化。

 

2003年に女子バレーボールのVリーグNECに入団、2003年11月

のワールドカップでは、大山加奈とともに「メグカナ」とよばれて

人気を博した、女子バレーボール元日本代表の栗原恵が、

日立リヴァーレを退団。今後については未定。

 

2006年1月にプロデビューしたボクシングの山中慎介が、

現役引退を表明。

 

2001年ごろから活躍を始め、2004年のアテネオリンピックから、

2016年のリオオリンピックまで、4連覇をかざった、

女子レスリングの伊調馨が、

2018年にはいって、パワハラ問題の渦中に。

 

2000年ごろから、テレビ、CM、ミュージカルなどに出演していた、

俳優の滝川英治さんが、2017年9月、撮影中に自転車事故を起こし、

脊髄損傷。

 

2002年に、英語学習本「ビッグ ファット キャット」シリーズを出版し、

200万部以上を売り上げた向山貴彦さんが死去。

 

2000年に設立された「犯罪被害者の会」が解散へ。

 

2002年にタッキー&翼を結成してブレイクし、2003年からは

ラジオのパーソナリティもつとめていた、タレントの今井翼さんが、

メニエール病のため、無期限活動休止に。

ラジオも放送終了。

 

2005年にプロデビューし、K1で活躍してきた格闘家のKOICHIさんが、

2018年、事故死。

 

2004年に、マークザッカーバーグによってアメリカで設立された、

フェイスブック

2018年にはいって、大量の個人情報が流出していた問題が浮上し、

株価も大幅に下がっている。

 

2003年にプロ入りした、阪神タイガース鳥谷敬選手が、

2018年にはいって、打撃不振。

 

2003年にアメリカのシリコンバレーで設立された、

電気自動車の製造販売を手掛ける会社「テスラ」が、

2018年に、製造した自動運転車が死亡事故を起こすなど、

数々の不運がかさなり、経営危機に。資金ショートの懸念も。

 

2000年ごろに日本で認可されるようになった、

近視矯正手術としての「レーシック」。

2000年代に徐々に広まっていったが、

術後10年ほどになるここ最近になって、

視力がふたたび低下したという報告が多く寄せられている。

 

2004年10月に当時女子高生だった北口聡美さんが殺害された事件で、

警察は、2018年4月、DNA型が一致したことなどを決め手に、

鹿嶋学容疑者を逮捕した。

 

2002年に東芝に入社して、社会人バスケットボールの選手としての

人生をあゆみはじめた、千葉ジェッツ伊藤俊亮選手が、

2018年、引退。

 

1994年に大阪で古着店としてスタートしたファッションブランドの

WEGO」。

東京に進出し、2003年に旗艦店として原宿本店をオープンさせたが、

2018年に閉店。

 

2003年に結成されたバンド「Aqua Timez」が、

2018年で解散。

 

1981年から2003年まで、マレーシアで長期政権を率いてきた

マハティール氏は、

2003年を最後に政治の表舞台からは遠ざかっていたが、

2018年の同国下院選でマハティール氏が率いる野党連合が勝利し、

同年5月から、同氏がマレーシアの首相へ復帰。

 

2003年に、英会話の講師として仕事をするため来日し、

2008年に初の黒人演歌歌手としてデビュー、

「海雪」がヒットしたジェロさんが、

2018年、IT企業に就職するため、歌手活動を休止すると発表。

 

2002年に、ピン芸人のナンバーワンを決定する

「R-1 ぐらんぷり」で優勝した、お笑い芸人のだいたひかるさん。

2016年に、乳がんのため、乳房の摘出手術を受けたことを発表。

 

2002年に女子プロレス界から引退し、

その後は「鬼嫁」のキャラクターでバラエティー番組などにも

出演していた、北斗晶さん。

2015年に乳がんが見つかり、乳房の摘出手術を受けた。

 

2004年サービス開始の老舗フリーメール「エキサイトメール」が、

2018年9月をもってサービス終了へ。

 

2003年から日大アメリカンフットボール部の監督に就任していた

内田正人氏。

2018年に、関学大との試合において、違反行為を指示した疑いを

持たれており、窮地に。

 

ヤングマン」や「傷だらけのローラ」など、多数のヒット曲でひとびとを

魅了してきた、歌手の西城秀樹さん。

2003年に脳梗塞を発症し、その後の後遺症とたたかいながら闘病生活を

おくっていたが、

2018年5月、永眠。苦しみのない世界へと旅立った。

 

2005年にともに再婚同士で結婚した、渡辺謙さん南果歩さん夫妻。

2018年、離婚した。

 

2002年ごろから登山活動をはじめ、その後、メディアにも注目される

ようになった栗城史多さん。

2018年5月21日に、エベレストへの挑戦中に遭難して死亡。

なお、栗城さんは、その生涯において、エベレスト登頂には成功していない。

 

2007年設立の、イラストコミュニケーションサイト「pixiv」社で内紛。

 

2006年にAKB48に二期生として加入した宮澤佐江さんが、

2018年をもって活動休止へ。

 

2004年から続いていた、阪神タイガース鳥谷敬選手の、

連続試合出場記録が、2018年5月で途切れる(歴代2位に確定)。

 

2004年に岡山県津山市で、当時小学3年生だった女児が殺害された事件で、

警察は、2018年5月、岡山刑務所に別事件で服役中の39歳の受刑者を、

殺人容疑で逮捕。

 

故・星野仙一さんを応援する団体で、2002年に「虎仙会」の名称で発足した

「大仙会」が、2018年、解散へ。

 

2003年に結成されたヴィジュアル系ロックバンド「アンティックー珈琲店

アンカフェ)」が、2019年1月の公演をもって活動休止へ。

 

 

 

 

2003年あたりから続いてきた世の中の流れが、

ここにきて明らかに変化しようとしている。

そんな感じがする。

 

 

 

1988年ごろから2018年ごろまでの、およそ30年間。

その、1つの時代、1つの特徴をもった時代が、

いま、まさに終焉を迎えようとしていることについての考察は、

こちらから

 

reasongomainstream.hatenablog.com

時代錯誤の銃剣道。

文部科学省が小中学校の学習指導要領の改定で、

中学の武道として銃剣道を選択できるようにしたとか。

 

銃剣道

戦前の軍国主義教育のもとではおこなわれていたのだろうが、

これを現代に復活させるというところに、

そういった時代に郷愁をおぼえる時代錯誤な人間がからんでいそうな

雰囲気はある。

 

それにしても間抜けだ。

銃剣道は、いったいなにを目指しているんだろう。

日本本土に上陸してきた敵を、民間人に撃退させるためなのだろうか。

それは70年ほどまえに無駄だったということが示されているのに。

当時の大日本帝国政府は、さかんに本土決戦、本土決戦などと

となえていたが、

肝心の敵の米軍は、本土決戦なんかしなかった。

ただ、2発の原子爆弾を投下しただけだった。

もし、それでも大日本帝国が降伏しなかったならば、

順次、日本の各都市に原爆が投下され続けるだけだっただろう。

いさぎよく銃剣で突撃して討死する、なんてのは、幻想にすぎない。

そんな、「はなばなしい」場は、用意されない。

近代科学のまえに、「迅速かつ完全なる壊滅」あるのみだっただろう。

それが、精神論に過度にかたむき、理性の道を放棄した、

なれの果てだ。

それでも降伏しなかったならば、後世、

ああ、日本民族という素晴らしい民族がいたなあ、

などと人口に膾炙するだろうか。

いや、たぶんしないだろう。

そんな間抜けな民族がいたなあ、と思われるだけだ。

 

銃剣道

いったい、なにを目指しているんだろう。

かろうじて銃剣道復活のいいところをあげるとすれば、

日本に侵略してきた敵国が、日本国内でゲリラ戦のような活動を

おこなった場合に、民間人が自衛できるようになるかもしれない、

ということと、

平和ボケして「たるんで」いるかもしれない日本国民の、

精神的な部分を「鍛えなおす」意味があるかもしれない、

ということくらいか。

 

モンゴル帰れ、という相撲ヤジ。

さきの大阪場所で、横綱稀勢の里が優勝した。

優勝を決めた一戦は照ノ富士との戦いだったが、その戦いの最中に、

タイトルのようなヤジがとんだという。

 

モンゴル帰れとか、朝鮮に帰れとか、そういった

母国に帰れというような発言は、ヘイトスピーチであるとの

立場を、政府はとっているらしい。

 

たしかに、こういった発言は、その国の出身であるひとを

傷つけもするし、

そういった発言が社会に蔓延するのを放置すれば、

排外主義的な風潮が広がることにもなりかねない。

 

しかし、こういった発言をする「気持ちじたい」は、

わからなくもないところがある。

たとえば、WBCやサッカーW杯のような国際大会、

あるいはオリンピックといった場では、たいていの日本人は、

日本選手の応援をするだろう。

自分の出身国と出身国選手にはみな、愛着、思い入れがあるものなのだ。

だとすれば、そういった国際大会の場で出身国選手の応援を

するのはかまわないが、相撲の場では出身国選手の応援をしては

ならない、というのは、心情的には、

どうも腑に落ちない規制のような気がする。

 

相撲の場で出身国選手のひいきをしないようにしよう、というのは、

「自国選手に肩入れするのは自然な気持ちの発露ではあるが、

諸般の事情を考慮すると、

そういった自然な気持ちを自然な気持ちのまま表現するのは

差し控えたほうがいい」ということなのだろう。

 

こういった、自然な気持ちはあったとしても、それをそのまま

表現しないほうがいい、とされる事例は、ほかにもある。

 

たとえば、街を歩いていたり、電車に乗っていたりすると、

たまに、顔中にできものができたひととか、

首が妙な方向に曲がっているひととか、

電車の車内で1人で車掌のまねをしてアナウンスを独り言で

つぶやいているひととか、

目の端が妙につりあがっているひととかに、出会うことがある。

こういった場合、

「気持ち悪い」と感じてしまうその気持ちじたいは、

はたして、責められるようなものなのだろうか。

たしかに、その気持ちをそのまま相手にぶつけて、

たとえば「きもっ」とか声に出してしまうのならば、

それは相手を傷つけることにもなるだろう。

しかし、気持ち悪い、と感じてしまう自分の心じたいを、

自分で内罰的に責める必要はあるのだろうか。

 

24時間テレビとかでは、障害者をとりあげたコーナーを毎年

やっている。

そういった番組をみるなどして、

障害があったとしても素晴らしいんだ、と感じるひとも、

もちろんいるだろう。

しかし、そうは感じないひともいるかもしれない。

このとき、

障害者を素晴らしいと感じる気持ちだけが正しい気持ちで、

そうは感じない気持ちは間違った気持ちだ、と言われたら、

どう思うだろう。

 

ひとの気持ちは、さまざまだ。

そのさまざまであることは、内心にとどまっているかぎり、

果てしなく自由なのだ。

行動したり、外界に表現したりすれば、人を傷つけることもあるだろう。

しかし、子供がとっさに示す反応のような、自然な気持ちは、

だれの心の中にもあるものだ。

新聞離れ、CD離れというけれど。

新聞をとる人が減っていて、新聞離れということがいわれたりする。

CDを購入するひとが減っていて、CD離れということも、

いわれたりする。

活字のニュースをみんな読まなくなったからだ、とか、

音楽を聴かないひとが増えているからだ、とか、

原因がいろいろいわれているけれど、

原因は、はっきりしている。

 

インターネットの登場だ。

ニュースなんかは、ヤフーニュースのヘッドラインで概略を知る

ことができる。

そのほうが、速報性もある。

テレビ番組欄も、ネットでチェックできる。

全国のスーパーのチラシをあつめたサイトもある。

新聞を必要としなくなりつつあるのだ。

音楽もそうだ。

Youtubeで好きな時に好きな音楽を好きなだけ視聴できる。

CDには動画はついていないが、Youtubeにはある。

 

なによりも大きいのは、お金の問題だ。

みんなが貧乏になったから、新聞をとらなくなったり、

CDを買わなくなったりしたわけでは、かならずしもない。

お金の使いみちがかわったのだ。

昔は、新聞代に月4000円、CD代に月2000円、などと

お金を出していた。

いまは、パソコンのネットに月4000円、スマホに月6000円、

などと使っているのである。

新聞やCDにはお金を使わなくなったが、パソコンやスマホには

お金を使うようになったのだから、

帳尻は合っているのだ。

これがもし、パソコンやスマホにお金を使い、

さらにそのうえ、新聞やCDにも以前と同じようにお金を使う、

となると、財布がパンクしてしまうかもしれない。

 

お金を使わなくなったわけではないのだ。

使いみちがかわっただけなのである。