この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

【千葉少女殺害】 ベトナム人家族を襲った暗剣殺の悲劇。

千葉県でベトナム人の少女が殺害された事件で警察は、

PTA会長の男を逮捕した。

少女のご冥福をあらためてお祈りしたい。

 

少女の家族は、父も母もふくめて、全員がベトナム人だ。

少女に日本でよい教育を受けさせたいと、

少女が2歳のときに日本に移住した。

 

ベトナムから見て日本は、北東の方位にある。

正距方位図法の地図をインターネットでみれば、確認できる。

少女はいま現在9歳だから、日本に移住した2歳の時というのは、

いまから7年前の2010年にあたる。

この年、北東の方位には暗剣殺、南西の方位には五黄殺がめぐっていた。

暗剣殺というのは、暗闇から剣で突かれるように、

突発的な凶事が発生する方位とされている。

 

方位に関する運命学に関しては、自分も半信半疑なところがあるが、

ときどき、このように符合する例が発生するから、あなどれない。

緊迫する朝鮮半島情勢。

朝鮮半島情勢が緊迫してきた。

話し合いと協調によって、物事がすべて解決するのならば

言うことはないのだが、

この世の中では、それではすまないこともままある。

 

自分の望むようなかたちで問題を解決したいと思うならば、

十分に考え、シミュレーションしなければならない。

ただし、考えた結果は、かならずしも慎重な選択になる

とはかぎらない。

 

トランプ大統領は、前任のオバマ大統領とはずいぶん違うかたちで、

アジア地域に関与しようとしている。

端的に言えば、非常に男らしい、それに尽きる。

かりに、地域の平和と安定のために、

恒久的に不安要素を取り除くことに成功したならば、

それはとても歓迎すべきことだ。

問題は、どれだけ成算があるのか。

 

そして、いうまでもないことだが、

朝鮮半島情勢が緊迫の度を増せば増すほど、

株価に対しては相当の下押し圧力が働いてくることになるだろう。

「欲」という漢字と、人間の三大欲求の性質。

人間の三大欲求には、食欲、性欲、睡眠欲があるといわれている。

 

これら三大欲求には、共通する性質がある。

それは、「接着」。

 

食欲は、食べ物を自分の体内に取り入れようとする欲求だ。

牛乳でも、パンでも、食べ物というのは、食べられるまでは、

自分の体の外にある。

自分のからだと食べ物のあいだには、間隔、スペースがある。

食べるというのは、その間隔、スペースをなくして、

食べ物を自分のからだに近づけ、接着させ、さらには、

体内に取り込んでしまおう、ということである。

 

性欲というのは、異性と性交渉したいという欲求だ。

性交渉するまでは、異性は、自分の外に存在する。

自分のからだと異性のからだのあいだには、間隔、スペースが存在する。

性交渉をする、というのは、その間隔、スペースをなくして、

異性のからだと自分のからだを近づけ、接着させ、

出したり入れたりしようとすることだ。

 

睡眠欲は、眠ろうとする欲求だ。

ふつう、ひとは、立ったり座ったりして寝たりはしない。

寝るときには、横になる。

起きて、日常生活を送っているときには、

立ったり座ったりして活動している。

そのとき、自分の体と大地や床のあいだには、間隔、スペースが存在する。

寝るというのは、横になるというのは、

その大地や床と自分のからだのあいだにある間隔、スペースをなくして、

自分のからだと大地や床を、接着させるということだ。

 

以上、見てきたように、

人間の三大欲求にはすべて、接着という要素がかくれている。

英語でいうと、「ON」。

 

「欲」という漢字は、「谷」と「欠」があわさってできている。

「谷」のなかには「口」が存在する。

自分は、この「口」というのは、たんなる人間の、

ものを食べるための口を意味するばかりではなく、

「ある空間が確保されているということ。その空間は、物理的な

 ものばかりではなく、抽象的な意味でのものも含める。

 ある領域が、侵されないスペースとして、確保されている、

 ということ」といった内容をもしめしているのではないか、

と考えている。

 

であるならば、「谷」に「欠」をくみあわせた「欲」という漢字は、

そういった間隔、スペースをなくしてしまおう、欠かしてしまおう、

とするようなはたらきが、原義としてあるのではないか。

 

そして、人間の三大欲求はすべて、「生きる」ということと関わる。

人間が食べるのは、その人1人が一生を生きるためであり、

人間が性交渉をするのは、自分が死んだ後もべつなかたちで

自分が生き続けるためだ。

人間が睡眠をとるのは、疲れをとり休息するためであって、

やはり、命をつなぐことと関連する。

 

つまり、三大欲求には接着という要素がかくれていて、

接着というのは、間隔やスペースをなくす、というはたらきに

関連していたが、

三大欲求は同時に、「生」の原理ともかかわる。

ということは、「生」の原理というのは、

間隔やスペースをなくしてしまおう、という原理とかかわりが

あるのではないだろうか。

人体方位3-南極と北極。

地球上には、南の果てに南極が、北の果てに北極がある。

 

地球上を東西に移動する場合には、

途中に大海原や高い山脈、砂漠やジャングルがあれば、

事実上の移動はもちろんはばまれるが、

通常は自由に動いていくことができ、また、

大海原や高い山脈、砂漠やジャングルがあらわれる地域も、

ある特定の地帯に密集しているわけではなく、

基本的にはランダムに登場する。

東の果てには人間が近づきにくい、とか、

西の果てには人間が近づきにくい、とか、

北西の果てには人間が近づきにくい、とか、

そういったことは、ないわけである。

 

南の果ての南極と、北の果ての北極は、それとは事情が異なる。

この2か所の地帯は、

そこに近づこうとする者を、「一般的に」拒む。

その極限の寒さと、厚い氷と、風雪によって。

つまり、近づこうとする自由意志は、そこで阻まれることになる。

 

人体方位をみてきた。

人間のからだにも、南と北があった。

南は、内臓消化器官。北は、脊髄に走っている神経の束。

 

地球上の南の果てである南極と、北の果てである北極が、

アクセスしようとする人間の自由意志をはばむのと同じように、

奇妙なことに、

人間の体の南である内臓消化器官と、北である脊髄の神経束は、

人間の自由意志を、やはり、はばむのである。

 

人間は、食べないで生きられるだろうか。

もちろん、超人的な意志力で、それを実現する可能性はある。

むかしの、即身仏のように。

が、通常は、飢餓感に耐えることができずに、

食べ物を口にしてしまうだろう。

そのことをつかさどっているのが、

からだの南を支配する、内臓消化器官だ。

内臓消化器官があるから、人間は、食べろ、と命令されているのである。

 

人間は、もう1つ、命令されている。

熱湯風呂にいつまでも浸かっていられるだろうか。

あるいは、モルヒネなしで、いつまでも癌の痛みに耐えられるだろうか。

もちろん、超人的な意志力があれば、かならずしも不可能ではない。

が、通常は、無理だろう。

というのは、熱さ、痛さをつたえる神経が、人間には存在するからだ。

そのことをつかさどっているのが、

からだの北を支配する、脊髄の中の神経束だ。

神経束があるから、人間は、苦痛からは離れろ、と命令されて

いるわけだ。

 

地球上の南の果てと北の果ては、人間の自由意志をはばんでくる。

おなじように、人間の体の南と北も、人間の自由意志をはばんでくる。

自由意志をはばむというのは、人間に命令してくる、ということだ。

人間に命令してくる箇所は、

人体においては南の内臓消化器官と、北のせきずいのなかの神経束だ。

それに対応する地球上の場所は、

南の果ての南極と、北の果ての北極だ。

南へ行けば行くほど、北へ行けば行くほど、冷気が増す。

そして、その「冷」の字には、「命令」の「令」がふくまれている。

矛と盾。

詰将棋をたまに解くことがある。

詰将棋を知らないひとが、たまに、

「相手が自分の考えている手と違う手を指してきたらどうするの?」

と聞いてくることがある。

 

詰将棋というのは、早い話が、場合分けだ。

相手の応手というのは、すべて読み込まれている。

詰将棋での正解というのは、相手がどのような手で応じても

かならず詰むようになっている。

 

詰将棋を解くときというのは、考えられる手がたくさんあって、

茫漠としている。

詰将棋というのを、

解こうとする自分の側と、解かれまいとする相手の側の戦争

だとしてみよう。

相手側は、こんなにたくさん手があるのだから、

まさか、正解にはたどり着けないだろう、と考える。

実際、その多数の候補手のなかでさまよい、正解をみつけられなかった

ならば、こちらの負けだ。

 

正解は、たった1本の細い糸のようなものだ。

それを、頭脳を使って探り出していく。

そうして、もし正解にたどりつけたなら。

 

その効力は絶対的だ。

相手は、いかに抵抗しても、もはや詰みを逃れることはできない。

 

詰将棋は、男性が比較的このむ。

女性は、あんまりこのまないようだ。

人体方位2-人体魔方陣の発現。

人間の体の各部位と方位を関連付けて考えたうえで、

それぞれの方位にある各部位と、そこにかくれている数字について

考えてみよう。

 

①北ー背中、背骨、せきずい。

 背中はただ平らなだけで、そこに重要な器官が存在するようには、

 一見したところは思えないが、

 背骨が通っており、そのなかには、せきずいが走っている。

 神経のかたまりである。

 その背骨の数は1本であるから、ここの数字は1。

②北東ーおしり、骨盤。

 おしりは座るときに使用するからだの部位で、その座るという機能

 をささえているのが、骨盤である。

 女性の場合、骨盤は、胎児のベッドの役割も果たしている。

 骨盤の構造は、仙骨、腸骨、坐骨、恥骨、恥骨結合、寛骨臼、

 閉鎖孔、尾骨の8部分からなる。よって、ここの数字は8。

③東ー女性器。

 女性器は、赤ん坊が生まれてくるところで、2つの卵巣と、

 1つの子宮がひかえている。

 女性の尿道口は、女性器の近くにはあるが、女性器そのもの

 と考えることはできない。

 女性器は、2つの卵巣と1つの子宮からできているから、

 あわせて3つ。よって、ここの数字は3。

④南東ー男性器。

 男性器とは、おちんちんのことである。

 おちんちんからは、おしっこと精液がでてくる。

 おしっこのでてくるところが、女性器とは異なるところだ。

 女性のおしっこは、女性器そのものからでてくるのではないが、

 男性のおしっこは、男性器そのものからでてくる。

 おしっこを出す働きの背後にあるのが、2つある腎臓で、

 精液を出す働きの背後にあるのが、2つある精巣。

 2つと2つ、あわせて4つ。よって、ここの数字は4。

⑤南ーおなか、内臓消化器官。

 内臓消化器官とは、とりいれた食べ物を、うんこまでもっていく

 プロセスにかかわる器官である。

 それは、胃、肝臓、胆嚢、膵臓、十二指腸、小腸、盲腸、大腸、

 直腸、の9つからなる。よって、ここの数字は9。

⑥南西ー胸、おっぱい。

 おっぱいからは、他者をはぐくむ乳がでてくる。

 おっぱいの数は2つ。よって、ここの数字は2。

⑦西ー顔。

 人間の顔には、耳が2つ、目が2つ、鼻の穴が2つ、口が1つ、と、

 あわせて7つの穴があいている。よって、ここの数字は7。

⑧北西ー脳。

 脳は、大脳、間脳、中脳、後脳、小脳、延髄の6部分からなる。

 よって、ここの数字は6。

⑨中央ー循環器系。

 循環器系をつかさどるのは、心臓と脾臓

 心臓は4室にわかれ、脾臓は1つだから、あわせて5つ。

 よって、ここの数字は5。

 

以上を、図解してみると、以下のようになる。

A 方位の図解

 

北西  北  北東

西  中央  東

南西  南  南東

 

B 各部位の図解

 

脳  せきずい  骨盤

顔  循環器系  女性器

胸  消化器官  男性器

 

C 数による図解

 

6 1 8 

7 5 3

2 9 4

 

Cの数による図解を見ていただければわかるように、

この数字の配列は、たてに足しても、横に足しても、ななめに足しても、

すべて同じ数字(15)になる、魔方陣を構成している。

つまり、人間のからだにおける方位を考え、

それぞれの方位にある各部位、各器官を考え、

さらに、それぞれの器官にかくれている数字を考えて、

その数字を各部位の存在する方位に配置すると、

方陣があらわれてくる。

これが、人間のからだにかくれている魔方陣だ。

人体方位1-人体における方位の考え方。

この地上には、東西南北の方位がある。

人間のからだには、では、方位がかくれているだろうか。

こんな奇妙なことを考えていた。

 

人間の体に方位がもしあるとすれば、

北はどちらだろう。南は。東は。西は。

ずいぶん長いこと、答えが思いつかなかった。

 

ところが、最近になって、次のように考えてみることにした。

 

僕たちは、住宅を借りることがある。

住宅を借りるときには、不動産屋さんにいろいろと自分の

希望条件をいうわけだけれど、

そのなかに、日当たり、というのがある。

日当たりがいい、というのは、ひとつのプラス要素だ。

そしてたいてい、南向きの部屋というのが、日当たりがよい

とされている。

日当たりがいいというのは、太陽の光をたくさんとりこめる、

ということだ。

 

人間の体の中では、からだの各部分がいろんな働きをしている

けれど、光がなければ困ってしまう器官がある。

目だ。

目は光を必要とする器官で、その目は人間の体の前方のほうを

向いてついている。

電灯などの照明がまだなかった昔から、人間にたくさんの光を

運んできてくれたのは、太陽だ。

そして、その太陽の光をたくさんとりこめるというのは、

日当たりがいい、ということになるわけだけれど、

その方角は、南だ。

 

そこで自分はつぎのように考えた。

人間の目が向いている方向、つまり、からだの前方のほうが、

人体方位における南をあらわしているのではないか、と。

 

そう考えると、南の反対が北であるから、

人間の後方、つまり、背中の方向が、北をあらわすことになる。

背中の「背」という漢字の中には、方角をあらわす漢字がかくれている。

「北」だ。

もしかしたら、背という漢字の中に北という漢字がかくれているのは、

人体方位において背中の方向が北をあらわす、ということを伝える

ためではないだろうか。

 

では、東と西はどうだろう。

東というのは、太陽がのぼってくる方角で、

西というのは、太陽がしずんでいく方角だ。

ここから自分は、つぎのように考えた。

東というのは、なにかが生み出されてくる方角、

西というのは、なにかをのみこむ方角なのではないか、と。

 

すると、つぎのようなことを思いつく。

人間の頭部というのは、鼻があって、空気を吸い込む。

口があって、食べ物や飲み物をとりこむ。

感覚器官というのは、刺激をうけとるところだが、

人間の五感のうち、聴覚、視覚、味覚、嗅覚の4つまでが

頭部に集中している。

つまり、頭部というのは、とりこむところ、受け取るところなのだ。

だから、人間の頭の方向が、西をさしているのではないか。

 

他方、人間の下のほうというのは、

女性であれば、赤ちゃんをそこから生み出す膣がある。

お尻の穴からはうんこがでてくるし、おしっこの穴からは

おしっこがでてくる。

つまり、人間の下のほう、足のほうというのは、

なにかがそこから出てくる場所なのだ。

ということは、人間の下のほうが、東をさしているのではないか。

 

以上を整理すると、

人間の前方、おなかの方向が、南。

背中の方向が、北。

上の方向が、西。

下の方向が、東。

このようになるだろうと、考えた。

 

そして方位には、これら4つの方位のあいだにも、

北東、南東、北西、南西、といった方位がある。

人間のからだのいろんな部位の位置を考えながら、

自分は、つぎのように配置してみた。

 

南→おなか。内臓消化器官。

南西→胸部。胸。おっぱい。

西→顔。

北西→頭脳。

北→背中。背骨。せきずい。

北東→おしり。骨盤。

東→女性器。

南東→男性器。

 

すると不思議なことに、これら8方位に配された人間の体の各器官に、

ある特徴的な数がかくれていることがわかる。

そこから、人体魔方陣が発現することになる。